鵜戸神宮

鵜戸神宮(うどじんぐう)。日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている。祭神は神武天皇の父ウガヤフキアエズノミコト

宮崎県日南市大字宮浦3232

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25

制作アートワークス